» 木下優樹菜「復帰宣言」ついに取材登場も「汚い口調」は一切変わらず炎上
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 木下優樹菜「復帰宣言」ついに取材登場も「汚い口調」は一切変わらず炎上

木下優樹菜「復帰宣言」ついに取材登場も「汚い口調」は一切変わらず炎上

木下優樹菜「復帰宣言」ついに取材登場も「汚い口調」は一切変わらず炎上
PhotoAC

 ついに口を開いた。

 一連の「タピオカ恫喝騒動」で芸能活動を自粛している木下優樹菜。木下は、23日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で久々に直撃取材に応対をしている。

 ネットで先行配信された記事では、車の中にいたままインタビューに応じている木下の写真も掲載されている。久々の登場というわけだが……。

 木下は取材に対し「復帰」にも言及。「再開したいというより、母親として再開しなきゃという感じ」と、子どものためにもタレント復帰は「絶対の義務」と考えているようだ。復帰への思いは強いようである。

 一時は引退説も出ていただけに、この復帰願望に「一般人として静かに生活が1番望ましい」「最低だな」「上から目線のコメントは聞いてて不愉快だったので個人的には復帰しないでほしい」など、さっそく批判が集中している。「事務所総出」など恫喝DM内容はもちろん、サッカー選手・乾貴士選手との不倫疑惑など、とにかく印象が悪いのだ。

「マジ?」それじゃ復帰できないよ…

 また「相変わらずだな……」という場面も。

「取材の質問に対し『マジ?』というなど、半年程度ではヤンキーキャラのスタイルは消えないということかもしれませんが『なんだこの言葉遣い』『相変わらず口が悪い』『もう出てこないで』と、反省のない(ように見える)口調などが世間を逆なでしている印象です。本当に復帰するんですかね」(メディア記者)