» 渡部建不倫「トイレ女性」に法的措置も…せいや事件で風向き変わる?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 渡部建不倫「トイレ女性」に法的措置も…せいや事件で風向き変わる?

渡部建不倫「トイレ女性」に法的措置も…せいや事件で風向き変わる?

渡部建不倫「トイレ女性」に法的措置も…せいや事件で風向き変わる?
PhotoAC

 一連の不倫騒動で芸能活動を自粛中のアンジャッシュ・渡部建。

 渡部は現在、マネージャーと各所に謝罪行脚をしているようである。複数の女性との不倫、生々しい「多目的トイレでの行為」や「交際クラブで1回5万円」などの情報が出回ってしまい、作り上げてきたイメージは崩壊している。

 妻の佐々木希のダメージもかなりのものになっているが、ここへきて風向きが少々変わるのではないか、といわれています。

 それが、渡部の騒動が発覚した後に世間を騒がせた、あの事件だ。

「せいやセクハラ事件」で風向きが…

「霜降り明星・せいやさんの『ZOOMセクハラ』です。せいやさんがZOOMで女性に対し下半身を露出するなどして、その様子のスクリーンショットなどを『週刊文春』(文藝春秋)に報じられてしまいました。

ただ、この件は渡部さんとは違い、せいやさんへの擁護の声が多数です。女性側の発言に疑問が残る点や、せいやさんが『女性側も脱いでいた』と主張。吉本興業は女性と『文春』に法的措置をとる、とも報じられています。

渡部さんとせいやさんでは性質は違いますが、渡部さんに多目的トイレに何度も呼び出されていた女性などには『この女性もおかしい』と批判も小さくありません。佐々木希さんが不貞行為として裁判をするのか、他の方法もあるのか……いずれにせよ、『文春』にリークした女性もこのままでは済まないかもしれません」(メディア記者)