» 横浜流星「ファン侮辱」文春ランキング“嫌い理由”がヤバい…
カルチャースポーツ社会

横浜流星「ファン侮辱」文春ランキング“嫌い理由”がヤバい…

横浜流星「ファン侮辱」文春ランキング“嫌い理由”がヤバい…
PhotoAC

 19日に「文春オンライン」(文藝春秋)で発表された、毎年恒例の「好きな俳優」「嫌いな俳優」ランキング。

 男優の好き部門は阿部寛が初の1位、嫌い部門1位は木村拓哉が6連覇した。女優の好き部門は綾瀬はるかが1位、嫌い部門は相変わらず泉ピン子だった。

 世間からは「こんなランキング誰に需要があるのか」「こういうことやるから誹謗中傷が起こるんじゃないの」など批判もあるが、とにもかくにも毎年恒例ではある。

 こういうランキングは、たいてい好き・嫌い双方にランクインする俳優が何人もある。よくも悪くも知名度が抜群である証明だ。木村拓哉や石原さとみはどちらにもランクインしており、ある意味名誉なことといえるかもしれない。

本人よりも「ファン」が嫌な俳優?

 そんな中、気になるのが男優の好き11位、嫌い5位に入った横浜流星だ。昨年は『あなたの番です』(日本テレビ系)などに出演し大ブレイクした。思った以上に嫌われ票が多かった印象である。

 しかも、どちらかという横浜本人へ、ではない文句も多いようだ。

「ファンの押しつけが非常に強く目に余って、本人も嫌いに」
「ファンが非常に攻撃的」
「キャーキャー言うファンも痛々しい」

 と、いうように、横浜をアイドル視するようなファンが多く、それに対しての嫌悪感があるとのことだ。