» ヒカル「手越祐也を利用」駆け込み寺ビジネス…「やれるもんならやってみろ」感
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ヒカル「手越祐也を利用」駆け込み寺ビジネス…「やれるもんならやってみろ」感

ヒカル「手越祐也を利用」駆け込み寺ビジネス…「やれるもんならやってみろ」感

ヒカル「手越祐也を利用」駆け込み寺ビジネス…「やれるもんならやってみろ」感
PhotoAC

 NEWSの手越祐也が19日、ジャニーズ事務所の退所を発表した。

 手越は先日「コロナ禍での豪遊」を2回もスクープされ、芸能活動を自粛。すでに「退所では」とも報じられていたが、契約終了を発表。今後は独立して活動をしていくという。

 これまで人気を保持していた手越だけに、独立してもそれなりの人気は担保されているはず。YouTubeでも開設すれば、それなりのチャンネル登録者数も見込めそうだ。

 とりあえず、契約終了発表後、すぐにTwitterを開設。さっさと次の道ということだろうか。

またアイツか…

 あまりのスピードに「なりすまし」疑惑も出たが、どうやら「本物」となったようだ。

 理由としては、もともと親交のあるYouTuber・ヒカルが「本人からリツイートお願いされました」と報告。これにより安心して本物と認識されたようである。手越のコロナ禍でのスキャンダルの際、

 手越がとりあえず「新たなスタート」を切ったというのはとりあえずよかったが、世間では「またヒカルか」という声もある。

「ネットでは『やらかし芸能人の駆け込み寺』という声も。宮迫博之さんも、テレビで出られなくなりYouTubeチャンネル開設、最初こそ苦戦しましたが、ヒカルさんとの頻繁なコラボで上向きに。もうすぐ100万人登録ですよ。