» 高校生「拳銃」自殺「外交官の父所有」に驚愕の声相次ぐ
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 高校生「拳銃」自殺「外交官の父所有」に驚愕の声相次ぐ

高校生「拳銃」自殺「外交官の父所有」に驚愕の声相次ぐ

高校生拳銃自殺「外交官の父」所有に驚愕の声相次ぐ
PhotoAC

 東京都八王子市で高校1年の15歳の少年が拳銃で自殺したとみられる事件に、新たな情報が……。

 少年はアメリカ製の拳銃で自殺を図ったと見られているが、やはり気になるのが「どこで拳銃を得たのか」という点。捜査関係者によると、インターネットで購入したものではないことがわかっている。

 普通の高校生が拳銃を手に入れる方法などほぼないだろう。いったいどこで手に入れたのか……。

 ただ、一部報道ではその拳銃の「出所」に関し情報も出ている。

「どうやら、すでに亡くなっている『父親』の持ち物だった、と見られているようです。その父は元外務省職員だったようです。

外交官だったということは税関も甘めになり、海外から持ち込むこともできたということでしょうか。この報道に『外交官だと拳銃持ち込めるのか』『これって結局密輸だよね』『すでに亡くなってるなら、真相は闇の中かな』『弾丸もあったのか、怖い』などさまざまな意見が出ています」(メディア記者)

 日本だと少々珍しい、一般家庭での拳銃事件。騒がれるのも必然か。
(文/沢田庄司)