» 「美術館女子」乃木坂46なら炎上せず? 小栗有以は『おいしかった』?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 「美術館女子」乃木坂46なら炎上せず? 小栗有以は『おいしかった』?

「美術館女子」乃木坂46なら炎上せず? 小栗有以は『おいしかった』?

「美術館女子」乃木坂46なら炎上せず? 小栗有以は『おいしかった』?
PhtooAC

 美術館連絡協議会と読売新聞オンラインによる新企画「美術館女子」が大炎上中だ。

 これはAKB48のチーム8のメンバーが各地の美術館を訪れアートの力を発信していくという企画趣旨だった。第一弾は同グループの小栗有以が東京現代美術館を訪れている。

 が、これがまさかの大炎上。理由としては「〇〇女子」とくくることへのジェンダー配慮の欠如やレッテル貼り、男性社会に女性が参加するかのような印象を植え付けるなど、多方面から問題視されたようだ。格調高い美術館好きからすれば「軽いノリでやるな」ということかもしれない。

 ネット上では賛同の声も多数あるものの「別にAKB48が美術館詳しいわけではないからな」「流行りものになるのが嫌って気持ちはわかる」「無名AKBを紹介するために美連協を巻き込んだ企画にしか見えない」「芦田愛菜ちゃんなら炎上しなさそう」など、いろいろと冷静な意見も出ている。

 確かにジェンダーの理由もあるのだろうが「AKBがいかに嫌われているか」というツッコミもある。

なんとなく「軽薄」?

「どうしてもAKB48が絡むと『軽薄』な印象がしてしまうといいますか……そういう扱いを受けてしまうようになってしまったのでは、という意見もあります。

今回のチーム8に関しても、世間一般ではそこまで有名ともいえませんし、全盛期の勢いもありません。企画した広告代理店がねじ込んだのでは、という声が出てしまうほど。