» 東出昌大「賢いアピ」久々テレビでも薄っぺらい…渡部建よりはマシ?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 東出昌大「賢いアピ」久々テレビでも薄っぺらい…渡部建よりはマシ?

東出昌大「賢いアピ」久々テレビでも薄っぺらい…渡部建よりはマシ?

東出昌大「賢いアピ」久々テレビでも薄っぺらい…渡部建よりはマシ?
PhotoAC

 俳優の東出昌大が、15日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に長澤まさみ、俳優の小日向文世と出演した。

 3人は「外出自粛期間でハマったこと」に関しトークを展開。その中で東出は「読書」と語った。

 東出は外出自粛を利用して「ちょっと難しい本とか。忙しい時期とかに敬遠しがちなお芝居の本とか、そういうのを」「心理学の本も読んで、わけが分からないんですけど、わけが分からないながら面白い」「今まで染み込んでこなかったことが染み込んでくる」などと語った。

 今年1月、女優の唐田えりかとの不倫騒動で俳優生命の危機に瀕した東出。現在は映画『コンフィデンスマンJP』の宣伝でテレビに出ているが、今後も仕事が続くかは極めて不透明といわざるを得ないだろう。

 そんな中でのテレビ出演となったわけだが「相変わらずだな……」という声が相次いだ。

「賢いアピール」いらん?

「以前から『賢いアピール』が強いといわれていた東出さん。古い名作などの良さを語るクセがあり『博学風』な印象を出そうとしていたともいわれています。

今回も『難しい本』『心理学の本』について語ったことで『心理学より身近な人でしょ』『これだからでっくんは』『とりあえず黙ったほうがいいとも思う』と、話せば話すほど薄っぺらに見えるという声もあります。

妻の杏さんとはいまだに離婚の危機ですし、コロナ禍で話が進んでいないだけで、まだまだ騒動は続くのでは、といわれています」(メディア記者)