» 榎本加奈子「極悪不倫」「長女との騒動」イメージ消えず? 『行列』で美談に疑問か
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 榎本加奈子「極悪不倫」「長女との騒動」イメージ消えず? 『行列』で美談に疑問か

榎本加奈子「極悪不倫」「長女との騒動」イメージ消えず? 『行列』で美談に疑問か

榎本加奈子「極悪不倫」「長女との騒動」イメージ消えず? 『行列』で美談に疑問か
PhotoAC

 14日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、元プロ野球選手の佐々木主浩氏の妻、榎本加奈子氏の話題が出た。

 番組内で、笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴が『自身のスター』として榎本氏の名前をあげた。これに対し榎本氏は手紙を披露。「芸能界を引退してから15年以上経ちます。プロ野球選手だった佐々木主浩さんと結婚し、芸能活動を辞め家に入る決断をしました。専業主婦として夫・子どもを支える日々です」と、現在を語った。

消えない「略奪不倫」イメージ

「ハマの大魔神」として一時代を築いた名投手の佐々木氏。現在は馬主、経営者として知られており、時折話題になる人物だ。榎本氏とは2005年に結婚し、その後佐々木氏の連れ子2人と自身の子ども2人、合計4人と夫婦で暮らしている。

 番組では「美談」という感じになっているが、世間からは「いやいや」という声もあるが……。

「佐々木さんと榎本さんはもともと不倫関係でした。その後結婚してからはそうした話題も出なくなりましたが、当時はバッシングもありましたね。SNSが強くない時代でしたので、現在のような非難はありませんでしたが。

また、結婚後には榎本さんが継母となった長女との関係悪化が取りざたされました。榎本さんが『あっち行って』と怒鳴ったり、家から追いだしたり……長女は自殺未遂までした、と『週刊文春』(文藝春秋)で報じられました。