» 箕輪厚介自粛「オンラインサロン閉鎖」へ…余裕でも儲かる二枚舌?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 箕輪厚介自粛「オンラインサロン閉鎖」へ…余裕でも儲かる二枚舌?

箕輪厚介自粛「オンラインサロン閉鎖」へ…余裕でも儲かる二枚舌?

箕輪厚介自粛「オンラインサロン閉鎖」へ…余裕でも儲かる二枚舌?
PhotoAC

 一連の「セクハラLINE騒動」で大バッシングを浴びていた幻冬舎箕輪厚介氏が、一連の騒動をTwitterで謝罪し、テレビ出演等の活動を自粛することを発表した。

 箕輪氏は「一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません。僕自身、一般常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております。」とした上で「自分なりのけじめとして、テレビ番組出演等の活動を自粛致します。またニューズピックスブック編集長を退任致します。ニューズピックスブックは既刊の「東京改造計画」を最後に終了」とも付け加えた。

 女性ライターに対し自分の立場を利用して肉体関係を求めた、という暴露をなされ、批判が大きかった箕輪氏。今後は編集者としても活動しないということだろうか。

ふざけんなバーカ、だったのに

「運営するサロンメンバーに向けた動画で『俺は反省してないです。ふざけんなバーカ』などと発言していたんですが、ここへきて一転、謝罪と活動自粛となりました。

今後テレビ出演はなくなり、編集者としても活動を控えそうな今回の報告。表舞台から姿を消すということでしょうか」(メディア記者)

 堀江貴文氏、前田裕二氏など華やかな交流で知られ、編集者としてヒットを連発していた箕輪氏。いきなりの活動自粛で、今後はどうなるのか。