» 大東駿介隠し子「釈明会見」テレビは無視…見えない“力”が働く理由
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 大東駿介隠し子「釈明会見」テレビは無視…見えない“力”が働く理由

大東駿介隠し子「釈明会見」テレビは無視…見えない“力”が働く理由

大東駿介隠し子「テレビは無視」見えない“力”が働く理由

 先日、4年半前の結婚と3人の隠し子がいることがわかった、俳優の大東駿介

 大東は別居婚をし、最近は一緒に暮らしているようだが、その間、女優の水川あさみと交際しており「不倫」も同時に発覚。大東は「女性セブン」(小学館)の取材にしっかり応えたようだが、世間からはその衝撃的な内容に賛否が巻き起こっている。

 昨年、俳優の窪田正孝と結婚した水川にとっては完全なトバッチリであり「迷惑すぎる」と同情の声も集まっている。大東の今回のニュースは、当然テレビでも大きく取り上げられて……。

 いや、取り上げられていないのである。ニュースバリューは東出昌大の不倫に勝るとも劣らない印象だと思うのだが。この件に関し「フライデー」(講談社)が報じている。

「有力事務所」の後押しとテレビの忖度が

「記事によれば、大東さんの事務所が小規模ながら『有力事務所』の後押しがあり、大手メディアの多くは『忖度』したと報じられています。

確かに、テレビのワイドショーでは扱われなかったですね。報じた『女性セブン』ですら、大スクープにもかかわらず報じ方が小さいのは気になりました。その辺も『見えない力』が働いているということでしょうか。

世間からは『生い立ちが大変とかはあるけど、それと水川さんの件は関係ない』『結局だらしのない男』『過去を蒸し返されて水川さんが気の毒』と厳しい意見には変わりはないですね。失われた好感度は、もう元には戻りませんよ」(メディア記者)