» 木下優樹菜「乾貴士不倫」で離婚か…フジモン「復縁絶対ない」かたくなな理由
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 木下優樹菜「乾貴士不倫」で離婚か…フジモン「復縁絶対ない」かたくなな理由

木下優樹菜「乾貴士不倫」で離婚か…フジモン「復縁絶対ない」かたくなな理由

木下優樹菜「乾貴士不倫」で離婚か…フジモン「復縁絶対ない」かたくなな理由
PhotoAC

 先日「フライデー」(講談社)に「同じタワマン暮らし」を報じられた、タレントの木下優樹菜と元夫のFUJIWARA・藤本敏史(フジモン)。

 7日の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演した藤本。この件について藤本は「同じ部屋に住んでいるわけではなくて、同じマンションの階違い」とし「父親の役目を全うするには、やっぱり近くに住んでいるのが一番だと僕は考えたので、そういう形を取っている」と、説明した。

 さらに「復縁はもうないです、言い切れます」と、巷でいわれている偽装離婚やほとぼりが冷めての再婚はないとした。

「火消離婚」というのはそもそもおかしい

 世間からは「まあ、それぞれの考えもあるしいいのでは」「一連のニュース見たら偽装と思われてしまうわな」「近すぎるだろうよ」「いずれにせよ不快」とさまざまな意見が出ている。

「そもそも、木下さんのタピオカ恫喝騒動の『火消し』のための離婚、ということでしたが、離婚したからといって火消ができるわけでもありません。ということは『本当に夫婦関係による離婚』という可能性もゼロではないですよね。

『夫婦だと気になってしまうところや言い争い』と藤本さんも以前語っていますので、今の形がベストならそれでいいのではないでしょうか。『新しい生活様式』というか……」(メディアライター)

 いよいよ「偽装離婚説」は終わりを迎えそうな気配だ。だからといってこの夫婦のイメージがよくなるわけではないのだが……。