» 手越祐也肉声「キャバクラじゃない」文春取材に告白…擁護する仲間ゼロだった可能性
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 手越祐也肉声「キャバクラじゃない」文春取材に告白…擁護する仲間ゼロだった可能性

手越祐也肉声「キャバクラじゃない」文春取材に告白…擁護する仲間ゼロだった可能性

手越祐也「コロナ禍キャバクラは否定」直撃取材で告白…擁護する仲間ゼロだった可能性

 NEWS手越祐也が「週刊文春」(文藝春秋)の直撃取材を受けていたことがわかった。Web版「文春オンライン」で一部が公開されている。

 手越は一連の「コロナ禍豪遊」によりジャニーズ事務所から無期限の活動休止を言い渡された。

 しかしさすがは今回の自粛の原因となる報道をした「文春」だ。さっそく手越を直撃しているのだが……。詳細はweb、ネットの有料記事、4日発売の本誌をご覧いただきたい。

 手越は「事実と違うことがたくさん」と語っており、キャバクラ遊びではなく「仕事の打ち合わせや、将来」の話をしていたとか。キャバクラには行っていないと主張している。ただ、弁明をしないのは「不要不急の行動をしてると誤解をしてしまったかも」とファンをおもんぱかっているようだ。

オオカミ少年状態だった?

「キャバクラは事実ではなかった、というのなら、なぜ活動自粛になったのか……そのへんが謎ではあります。いろいろとやりたいことはあるようですが、やはり軽率な行動をしてしまったのは事実ということでしょう。

まあ、これまで女性がらみのスキャンダルがあまりにも多かったので、誰も信じてくれないのでしょうね」(メディアライター)

 オオカミ少年状態ということか。

 また「事務所内でも嫌われているのでは?」との声もある。